ワーキングマザーによるワーキングマザーのための育児・仕事・ショッピング・出張・リラックス・転職などの総合情報サイト

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]

2016年12月27日

ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点

Posted by 村山らむね    

ワーキングマザーとしてずっと走ってきました。でも娘も大学生。もうマザーとしての役割は終えつつあります。そして、次に私の役割としてはドーターつまり、娘としてのケア。育児から介護に、踏み出そうとしています。

世の中には、ダブルケアといって、育児と介護の双方を受け持ちながら仕事をする人がたくさんいます。

子供を育てるにはお金が必要です。
介護をするにはお金が必要です。

働いてお金を作らなければいけません。

しかし、子育てをする時間を捻出するために仕事をやめざるを得ない、介護をする時間を捻出するために仕事をやめざるを得ない、最もお金が必要になる時期に、働けなくなるという致命的な矛盾がこの社会には往々としてあります。

私はラッキーです。子育てと介護の時期がどうにか重ならなくて済んだ。

それはたまたま子供が一人だったということも大きいでしょう。

育児、介護だけではありません。
家族の闘病、そして、家族がいなくても本人自身の闘病。

ケアをしながらの、仕事。
子供、親、パートナー、そして自分を世話しながら、仕事をやめなくてもすむ世の中。

結婚している、していない
子供がいる、いない
親がいる、いない
関わらず、
家族が健康である、健康でない
自分が健康である、健康でない
関わらず、

ケアを必要とする人を背負うこと、自分自身がケアを必要とすること、
さまざまな未来が私達を待ちます。

どんな未来が舞い込んでも、安心して、ケアをしながらも、仕事をやめなくても良い世の中にできるように。

「ケア・フォー・ケアリングパーソン」

ケアをしているひとへのケア
家族や自分自身にケアを必要としている人たちへの、配慮と手助け

この言葉を知ったのは、丹羽文雄氏の娘で両親の介護に斃れた本田桂子さんの本です。

重いリュックを背負っている人は、背負っている間だけでも、働く時間を短くする、税金を安くする、福祉を手厚くする、たまに、自分自身に戻る時間を作ってあげる、さまざまな、ケアフォケアリングパーソンが考えられます。隣人として、市民として、同僚として、いろいろできることがあるでしょう。

私自身、一つのリュックを下ろして、これからのリュックを本格的に背負う前に、現在の余力をどこかに差し向けたい。その方法を模索しています。

ケアフォーケアリングパーソンという視点を、少しずつみんなが持てば、イクメンも増えるでしょう。闘病もしやすくなるでしょう。超高齢化社会とは、ほぼ社会の全員が、ケアリングパーソンになる社会です。

ケアリングパーソンが、意図せず仕事をやめなくてもすむ世の中。

私が、そのために来年は心血を注げますように。


blank_space
2016年08月25日

電子書籍を読んでみよう

Posted by 湯河原こむぎ    
「kindle」とか「kobo」とか最近、よく耳にしませんか?ネット上でもよく見かけますよね。

私も気になってはいましたが、ハードがなければ利用出来ないと思っていたので、これ以上機器を増やすつもりはないし「私が電子書籍を利用する事はない」と思っていました。


>>続きを読む "電子書籍を読んでみよう"

blank_space
2016年07月30日

ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!

Posted by 湯河原こむぎ    
pukachu.jpg
先週22日の『ポケモンGO』配信開始から、街の景色、周りの風景ががらりと変わった気がします。皆さんは、皆さんのお子さんは『ポケモンGO』をやっていますか?(この記事は攻略法ではありません)
>>続きを読む "ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!"

blank_space
2016年06月26日

振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF8240.JPG
先日友達から「聞いて〜(泣)」と電話がかかって来ました。なんと詐欺にあったそう!

昔は「オレオレ詐欺」、少し前は「振込め詐欺」と呼ばれ、最近はいろいろな新パターンが出て来てるので「特殊詐欺」と呼ばれているみたいですね。


>>続きを読む "振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉"

blank_space
2016年05月29日

残された老夫婦の今後

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF8029.JPG
ご無沙汰しております。こむぎです。今年娘が成人式を迎えました。女の子のお母さん向けの振袖のエントリーも書きたいなと思っております。「子育て」はほぼ終わり、あとは学費を三回払う(三年の後期と四年の分)のみとなりました(笑)。娘はバイトや課題、友達と出かける事が多く、休日は夫と二人で過ごす事が多くなりました。そんな自分たちの事を面白半分に「残された老夫婦」と呼んでいます。

先日小学校の同窓会がありました。


>>続きを読む "残された老夫婦の今後"

blank_space
2016年05月10日

子育ての方針

Posted by 津田実穂    

中国の故事に、「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」というものがあります。
子どもには、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えたい、と思っていました。
息子は、釣りの楽しさに目覚め、自分で創意工夫をしながらあっという間に上手になり大物を釣るようになりました。
娘は、魚の釣り方を教えようと思っても、めんどくさがって覚えようとせずいつまでたっても魚をクレクレと言い続ける、、、、
同じように育てたつもりでも、全く違う反応が返ってくるから、子育ては難しい。

IMG_0559.jpg


>>続きを読む "子育ての方針"

blank_space
2016年02月28日

NYで流行りのPOP UP DINNER

Posted by 桜本梨恵子    

POP UP DINNERって聞いたことありますか?

pop%20up%20dinner.jpg

今、NY(NYだけじゃなく、都市部)で流行っている
期間限定のレストランです。


そう言うと、ちょっと語弊がありますが、
空き店舗や、イベントスペースを利用して、
シェフや 料理研究家が、好きな時にお料理を提供する

にわかレストランです。

今、これ、NYやアメリカの都市部ではやっているんですよ。


>>続きを読む "NYで流行りのPOP UP DINNER"

blank_space
2016年01月08日

パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」

Posted by 津田実穂    

 2016年、あけましておめでとうございます!
 昨年のパリは、テロに始まり(1月のシャルリーエブド事件)テロに終わった(11月の同時多発テロ)感もあります。それでも日々の生活を止めるわけにはいかないのでテロに屈せず暮らしています。
 11月13日の事件の後、エッフェル塔がトリコロールに染まりました。こういう時に美的感覚をもって対応するのはさすがフランスだと感心します。
 そのエッフェル塔のライトアップに、文字が書かれているのに気がつきました。

IMG_2804.jpg


>>続きを読む "パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」"

blank_space
2016年01月07日

ダイソンのお掃除ロボット体験しました

Posted by 村山らむね    

あけましておめでとうございますm(_ _)m。今年もゆるゆるとよろしくお願いいたします。

ダイソンのお掃除ロボットをモニターさせていただきました。以前、ルンバを使っていたけれど結局使わなくなってしまった私。ダイソンのロボットも何度か使ってみて、明らかにルンバよりも性能は良くなってて驚き!ちょっとお掃除というものについて根底から考えてみたのです。


●そもそもワーキングマザーにとってお掃除とは何か?
もちろん部屋を綺麗にすることです。ただ、綺麗になったという事実がほしいのか、綺麗にしたという充足感がほしいのか。正直、お掃除ロボットだけでは、どちらも十分満足まではいかないと思います。

お掃除ロボットに溜まったゴミをみると、思った以上に溜まっており、綺麗になったという事実が明白です。ただ、「えっ?これは?」というゴミが取れていなくて、やっぱりロボットだけでは、綺麗になったという充足感に欠けるのです。


部屋のあちこちに1から5まで書いた紙切れを置いたら、2枚吸ってくれました。1と4と5は、すってくれませんでした。

なので、まだお掃除ロボットとお気に入り掃除機の、共同作業は必要なのかなと。ルンバを奥に押しやった私として、どちらが現在のパートナーとして相応しいか評価してみました。

●ダイソンくんとルンバくん
ロボットにはついつい名前をつけてしまいがち。今回は、ダイソンのロボットを、ダイソンくん。ルンバをルンバくんと呼ばせていただきます。

■ダイソンくんのほうがいい点
1,明らかに1回あたりのゴミがたくさんとれている。何回かに1回しかゴミを捨てる必要がなかったルンバくん。あれは、仕事量が少なかったからだということが、明白に。
2,お掃除を放棄しない。ルンバは我が家の玄関でいつもつっかかって、救出してあげていた。ダイソンくんはそこが賢い。落ちそうになるけど、回避する。これは劇的にすばらしい。
3,小さいので小回りがきいている。家具の下でもわりとスイスイいきます。

■ルンバくんのほうがいい点
1,音が小さい。ダイソンくんはかなりうるさい。発売が延びたのは、モーター音を少しでも小さくするための努力だったそうです。でも、まだうるさい。家にいるときにダイソンくんを走らせていると、テレビは全然見られません。ルンバくんのほうが軽い音だった。
2,10cm以下と薄いので、ソファの下とかも掃除できた。ダイソンくんは、構造上、これ以上薄くできないそうです。といっても12cmなのでそれほど変わらないんですね。ソファの下が微妙な高さなのね。

■結果
正直、今、15万円以上するダイソンくんを自腹で購入するのはちょっと憚られます。ルンバも4万円前後で購入したので、ダイソンも自腹で買うなら5万円以内にならないと難しいかなとは思いますが、性能的には本当にびっくりするほどゴミが取れるので、その感動はなんともいえません。

ちなみに、ロボット掃除機を導入する一番のメリットは、ロボット掃除機が掃除できるように部屋を片付けること!

これ、アメトークの家電芸人で土田氏が言っていたと思いますが、まじめに納得。うちも、かなり本の山が家中に散乱していて、まずはダイソンくんが通れるように片付ける必要がありましたっす。ごめんなさい、お母さん。私はダメな子です。

 


blank_space
2015年12月22日

撮りためた写真をフォトブックにしよう

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF6217-1.jpg
私は写真を撮るのが大好き。デジカメがない頃から日常のいろんな物を撮るのが好きでした。

今はケータイで写真が撮れるので、世の中の人全員がカメラマン時代。皆さんもたくさんの想い出がケータイの中に保存されていると思います。写真をプリントアウトする事ってあまりなくなって来ましたけど、最近の私、せっせとフォトブックを作ってるんです。


>>続きを読む "撮りためた写真をフォトブックにしよう"

blank_space
当サイトに掲載されている情報は、原則としてスタッフ個々の私的な見解です。ご紹介している商品やサービスのご購入にあたっては、皆さま自身のご判断でお願いいたします。
カテゴリー別インデックス
blank_space
カレンダー
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
blank_space
月別インデックス
blank_space